<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
さぽせるlabo新規OPEN!!
2016年4月1日(金)

さぽせるlabo新規open!!

 
京王線調布駅から徒歩3分に、楽健法やサイコドラマなど、
学びと実践の場を設けるとこになりました。

HP、ブログも新しくなります。
HPの本格的指導は2月の下旬になりますが、
ブログは明日より始動いたします。
 
HP

ブログ
http://saposeru.com/blog/

 
これからもよろしくお願いいたします。

 
* 13:56 * comments(0) * - *
南三陸でボランティア ワークショップ
宮城県臨床心理士会のボランティアのチームの方々と一緒に、宮城県三陸町に行ってきました。
 
今回は、南三陸の社会福祉協議会との共催で、被災者でありながら、サポート側に回っている人たちを対象にした、リフレッシュのための楽健法ワークショップを行ってきました。会場には40人近い人が集まり、皆さん和気あいあいとお互いを踏み合い、リフレッシュできた楽しいひと時でした。
 
南三陸へは初めて行ったのですが、テレビのニュースで何度も見てきた場所だったので、なんだか不思議な感じがしました。
 
被害にあった海側の地域に高台を作るため、近くの山は切り崩されて、その土を堤防のように積み上げられているため、海が見えなくなっている場所がいくつもありました。もう直ぐ、5年経とうとしている今、この状態で、いつ出来上がり、出来上がった先には住民が戻ってくるのでしょうか・・・?

たった一度のワークショップで、どれだけリフレッシュしていただけたかは分かりませんが、楽健法は誰にでも出来る簡単な健康法です。ぜひ、家族やお仲間の皆さんと支え合って、これからもまだ続く復興に向けて、歩んでいって欲しいと願っています。




 
* 22:23 * comments(0) * - *
ダンスと肩こり改善法
 本日はクッキングハウスのスペシャル健康教室。

 肩こり改善法と体力づくりについて質問されたので、いつもの楽健法の前に、

 音楽に合わせてダンスでウォームアップ。

 体が温まったところで、肩首周りのストレッチとセルフの筋膜リリースを行いました。

 体がガチガチに固まっている時に、ストレッチをしてもなかなかほぐれません。

 体を動かして、体温が上がることで、身体がほぐれやすくなるので、

 その後に、ストレッチやマッサージを行うと効果が増します。


 いい感じで肩がほぐれたところで楽健法で全身をほぐします。

 今日は序盤から寝息が聞こえて、ゆったりモードでした。

 これ過多冬場になると、身体がどんどん硬くなるので、がっちりと固まってしまう前に、
 
 セルフケアが出来るといいですね。


 写真は、クッキングハウスのランチです。
 本日のメニューは豆腐ハンバーグでした。

* 23:10 * comments(0) * - *
楽健法で子育て支援
調布市で活動している子育て支援「ぷくぷくポレポレの家」で、楽健法のボランティア・ワークショップをしてきました。
https://www.facebook.com/puku2pore2

まだ、保育園に入る前の生後一年前後の赤ちゃんとお母さんたちのグループです。
「子育てで疲れているお母さんたちを元気にして欲しい!」とのご依頼でしたが、逆に私の方が癒されてきました。
こんなに大勢の赤ちゃんに会うことはまずないので、とても微笑ましいひと時でした。

以前、在宅介護をしている人たち対象に
「ケアする人たちのケア」という連続講座をしたことがありますが、
日本は、本当に疲れている人が大勢いますね・・・。
こういった人たちが、社会から孤立せずに、支え合えるグループがもっと沢山できるといいなと思います。
今回のグループの支援スタッフは皆さんお孫さんがいる世代の人たちです。
これからは元気なシルバー世代の皆さんが、楽健法を覚えて、生涯現役で若者と支え合えたら嬉しいですね。

 
* 21:55 * comments(0) * - *
ご無沙汰しております
 ご無沙汰しております。

 決して仕事をしていたなかった訳ではないのですが、

 このお仕事を始めてから11年目。

 いろいろと考えることが多く、

 只今、水面下でいろいろと計画中です。


 サロンはというと、最近、楽健法の認知度がぼちぼちと上がってきているようで、

 HPとブログの更新をこんなにサボっているにも拘らず、

 地方から個人レッスンの問い合わせが来るようになりました。

 先日も横浜、三重からご夫婦でいらして、楽健法を学ばれていきました。

 友の会の方にも新しいメンバーが4人増えました。

 年齢もお住まいもそれぞれで、停滞していたグループを活気づけれくれています。

 クッキングハウスの健康教室も男性陣が増えてきて嬉しいかぎりです。

 と、こんな感じで実はちゃんと活動しています。

 そして今日は、待ちに待った楽友との踏み合いです。

 しっかりほぐしてもらいたいと思います。
 
* 09:31 * comments(0) * - *
グループの力

2週間ほど前から、全身に蕁麻疹が出ています。

同時期に結膜炎にもなり、片目が腫れあがってしまいました。

全身を倦怠感が覆っていて、なんだか心も体もスッキリしない日が続いています。

 

でも、仕事をしなくて行けないのが社会人・・・。

二日続けて、「2人ヨーガ」と「楽健法」の指導の仕事に行ってきました。

昨日も体が怠く、何をやっても体がスッキリせず、家を出るギリギリまでダラダラしていました。

 

友の会の皆さんやクッキングハウスのメンバーは、私が具合が悪いのは知りません。

こんな状態で人前に立つのは気が引けます。

しかし・・・

皆さんに会うと不思議と自分の身体が巡りだしてきました。

家ではストレッチをしても、シャワーを浴びても、温かい食事をとっても、

気持ちも、身体も切り替わらなかったのに、

皆さんと話しているうちに、自然と元気が出てきたのです。

 

2時間ほどヨガや楽健法をやって、終わりにお茶をしながらシェアリングをすると、

この数週間の怠さはどこへ行ったのかと思うほど元気になっていました。

 

だからといって、蕁麻疹や結膜炎が消えたわけではありませんが、何か一つ動き出した感覚がありました。

長く体調を崩していた時などは、動き出しにはエネルギーがかかります。

そんな時、グループの力をうまく借りられるといいですね。

これこそグループの力なんだと改めて感じました。

* 12:01 * comments(0) * - *
ADHD
 知り合いのお宅のお掃除を手伝だって来ました。知人はADHAの診断を受けています。 

 ADHD(注意欠如多動性障害)とは・・・、多動性・衝動性 ( しょうどうせい ) と注意力の障害を特徴とする行動の障害です。 特徴として、不注意は、細かいことに注意を払えないという注意力の欠如、注意を持続できない、周囲の刺激に気が散る(転動性が高い)などがあげられます。日常生活場面では、不注意な間違い、始めたことをやりとげない、言われていることを聞いていない、忘れ物・落とし物が目立つなどがあります。 


 ADHDの症状である多動、衝動のために、日常生活の些細なこと集中できないため、家事が上手く回らず、ごみ屋敷のようになっていました。
 ADHDの特徴として、目についたものに直ぐに反応してしますので、ある行動の途中で、別の行動に移行してしまい、一向に片付けが出来ません。洗い物をしていたはずなのに、目の前に空の牛乳パックがあると、洗い物の途中でパックを解体し、今度はパックを片付けに行った先で古紙を見つけ、古紙を片付けているうちにホコリが気になり…と言った感じです。驚いたのは、「お腹が痛い」と言ってトイレに行ったかと思うと、トイレに行く途中で別の用事を思い出し、トイレに行けなくなっていました。こうして、職場ではお昼を食べ忘れたり、トイレに行きそびれたりするので、いつも体調はよくありません。こんな調子で、家中やりかけのもので溢れ、片付けているにもかかわらず、散らかっていくのです。一緒に掃除をしていても直ぐにいなくなってしますので、一向に作業が進みません。
 また、いつも意識が散漫なので、同じものを買ってきてしまいます。ごみ袋だけで棚が全部埋まってしまったり、至ることにガムテープがあったりします。懐中電灯や時計など住んでいる家族倍以上のものが、あちこちに埋もれていて混沌を極めます。

 本人は頑張っているのに結果が出せないためひどく落ち込みます。しかし、落ち込んでも落ち込んでいたことを直ぐに忘れるので、周りの人に反省が足りないと怒られたりするので、さらに落ち込みます。そして、うつや不眠症などを併発してしまうケースが多く、私の知人もうつと不眠症を繰り返しています。

 ADHAは、周囲の人たちの理解が不可欠です。障がいの特徴を知って、適切な対応をすれば問題はかなり軽減されます。逆に、理解がないと、本人は追い詰められ、周囲の人間も困り果ててしまいます。まずは知ること、知ってもらうことが大切なのだと思います。

 お掃除ですが、7時間やった結果、リビングにやっと寝転がれるスペースが出来ました。次回は、このスペースが保たれているうちに、寝室の片付けのお手伝いに行きたいと思います。


 
* 13:10 * comments(0) * - *
2人ヨーガ スタート!
JUGEMテーマ:健康

3回のプレビューレッスンを終えて、

本日から「2人ヨーガ」のクラスがスタートしました。

まず、楽健法で体をほぐしてから、ヨーガを通して体と向き合いいていくクラスです。

アーサナをひたすらとるような本格的なレッスンでもなく、

トレーニングのようなハードなクラスでもないので、

参加者の皆さんに合わせて無理のない緩やかな時間でした。

そんな感じなので、服装も皆さん自由。(誰もヨガウエアを着ていませんでした)

本日参加してくださった方全員次回の予約を帰って行かれました。

嬉しい限りです(^^)。

そんなわけで、次回は満員御礼ですが、

6月からは会場も広くなり、クラスの増えますので、是非興味のある方はお問い合わせください。
* 22:16 * comments(0) * - *
久しぶりの盛岡
 久しぶりに盛岡の楽健法友の会に行ってきました。

 そして、盛岡友の会代表が立ち上げた、東日本大震災のボランティア団体「みっこ倶楽部」の総会にも出席してきました。

 友の会は新しいメンバーが増えた一方、家庭の事情などでなかなか来られない方も。

 増えては減り、減っては増え・・・続けていくということはとても難しいことかもしれません。

 ボランティアも然り。

 続けていくということは難しいようで、ピーク時に比べて半数以下の人数になってしました。

 被災地では、ボランティアへの助成も3年で終了するところが多く、私たちも自力で活動していくしかありません。

 でも、立ち上げの時に話したこと。

「必要としてくれる人がいる限り、出来るだけ続けていこう!」と言う気持ちを大切に、

 もう少し私たちも頑張ってみようかと思っています。

 今年は、盛岡での活動をメインに。
 
 そして、その流れを宮古や大船渡へ波及させる先方へ変更!

 東京にいる私は、アイディアを出したり、資金集めをする事くらいしかできませんが、

 これからも続けていきたいと思っています。
* 09:50 * comments(0) * - *
3.11
クッキングハウスで「スペシャル健康教室」でした。
いつもは健康についてお話をした後に楽健法を行うのですが、
今日は「3.11」を振り返って14:46に黙とうをしてから楽健法を始めました。

盛岡の楽健法友の会のメンバーさんの中には、親類や友人が震災の被害に合われた人もいて、友の会代表の方を中心にボランティア団体を立ち上げて、この4年楽健法やボディケアを通して、皆さんと関わってきました。私も大船渡や宮古市に行って、被災しながらも現場で働く看護師さんや先生に楽健法をしてきました。情けない話ですが、今では関わる機会もだんだんと減り、少し忘れかけていたところがあります。

クッキングハウスでは、殆どの作業所やお店が閉まっている中、休むことなくメンバーさんを受け入れていました。大きな余震が続き、メルトダウンがいつ起きるか不安な気持ちで病状が悪化しそうな時、クッキングハウスに集まり一緒にご飯を食べ、不安な気持ちを話すことでどれだけ助けられたか。当時の気持ちを皆さんが話してくれました。

楽健法は2人1組で行う健康法です。被災して大切な人を失ったり、離れて暮らさなくてはいけなくなった方が大勢いることを思うと、こうしてお互いの健康を支え合える仲間が近くにいるということは本当に幸せなことです。
こうして今年度最後の「スペシャル健康教室」が終了しました。
 
* 19:02 * comments(0) * - *
| 1/49PAGES | >>